歯医者で二回のホワイトニング。指まで知覚過敏になったけど、やってよかった!

私は歯のホワイトニングを歯医者でしてもらったことがあります。

もともと相当歯の色が黄色っぽくてずっと学生の頃から歯の色のことを気にしていたこともあったのですが、大人になり社会人になってから知人にも歯の色のことで指摘をされる事があってやっぱり見た目の印象が悪くなってしまうんだなと思ったのでホワイトニングをしてくれる歯医者でホワイトニングをしてもらうことにしました。

まずは虫歯の治療から

私が初めてホワイトニングをしに歯医者に行った時は、先生がまず歯の虫歯等の治療から始めると言われました。

虫歯等が有るとホワイトニング後に治療をするとなると歯が敏感になってしまっているため治療をすると痛みが相当出てしまったりするということでまず虫歯の箇所は全て直してもらいました。

たまたま私はその時に虫歯が数本有ったらしいので、自分では気がついていなかったのですがついでに直してもらえて良かったかも、と思っています。

ホワイトニングを始めるにあたって先生の方から色々とどのようにホワイトニングを始めていくのか、また、どのくらいの色の白さにしたいのか等という話が始まりました。

私の歯の色はどちらにしても相当黄色い色をしていたので、先生からホワイトニングは1度ではなかなか思うような白色にはならないかもということを言われ、2回に分けてホワイトニングをすることになりました。

実際の流れ

ホワイトニングはレーザーでジェルを歯に塗りながら行われるもので、1回のホワイトニングには大体1時間ほど掛かったと思います。

ずっと口を開けておかないといけないので大変だったのと、唾液を吸い取る機械をずっと口の中に入れていたので口が乾いてしまって少ししんどかったです。

1回目終了後の感想

1回目のホワイトニングが終わって、鏡を見ると、それだけでも自分では相当歯が綺麗になったと感じたのですが、続けて2回目をあまり遅くならないうちにした方が効き目が上がるとのことで、1回目のホワイトニングの後数週間後に2回目のホワイトニングをすることに決めました。

 

1回目のホワイトニングが終わっての感想は、ホワイトニングをレーザーでしたせいか、それともずっと口を開けていたせいか唇が少し腫れたようになっていて、落ち着くまで数時間掛かってちょっと大変でした。

その後歯の方はとても敏感になった感じで、冷たいものとか熱いものを飲んだりすると相当ヒリヒリとした感じがするようになり、ホワイトニングをして数日間はなるべく冷たくも熱くもない常温程度の飲み物や食べ物を食べたり飲んだりするようにしていました。

2回目のホワイトニング後の感想

2回目のホワイトニングをした際は、どんな仕方でホワイトニングが行われるのかもう分かっていたので別に大変とは思わなかったのですが、レーザーでのホワイトニングが1回目の時のように行われ、終わってからはとにかくその日の夜から歯が今まで以上に敏感になってしまって、歯だけではなくてなぜか指先まで神経が敏感になったような感じで鉛筆の木の部分とか、ザラザラとした紙とか、新聞とか雑誌とかにとにかく触れなくなってしまい当分の間は困ってしまいました。

 

これは私がたまたまホワイトニングをして、そのホワイトニング剤によって歯だけではなくて体が相当敏感になってしまった事が原因だと思うのですが、数週間で徐々にこの症状は治まってきました。

我慢をした甲斐もあってか歯の方は今までの自分の歯の色が黄色度数10だったとすると、2回目のホワイトニング後は黄色度数が2くらいになってとっても白くて透き通るような歯になっていたので自分でもすごく驚きました。

ホワイトニングで思い切り歯が見せれるように

ホワイトニングをしてからは知人からも歯がとても綺麗で羨ましいと言われるようになったので自分自身に自信が持てるようになりました。

今まではどちらかというと笑う時にもなるべく歯を出さないようにして笑っていたのですが、歯が白くなってからは思い切り歯を見せて笑っても人から羨ましがられる感じになってすごく嬉しかったです。

ホワイトニングをした時はとても敏感になってしまいどうなることかと思ったことも有るのですが、どうしてもきれいな透き通るような白い歯を手に入れたかったので頑張ってレーザーのホワイトニングをして良かったと思っています。

先生の話によるとホワイトニングはしても2年~3年ほどしか持たず、その後は徐々に元の色に戻ってくるとのことだったので、その後は家庭でも簡単にできるというキットを購入して、自分の歯型に合わせてそのキットを作ってもらい、歯の色が変わり始めたら使うことにしました。

それを使っていれば歯の色が長持ちするということで、ホワイトニングの色が変わり始めた頃から使っていましたが、効き目がはっきりと出るのはやっぱり歯医者でのホワイトニングかな、と思う感じだったので、やっぱりどうしても色が変わった時は歯医者でもう一度ホワイトニングをしてもらおうかなと思っています。

まとめ

ホワイトニングを歯医者でしてもらって、今までの自分よりも笑顔の自分になれた気がするので歯のホワイトニングはして良かった、と思っています。

現在は、ホワイトニング歯磨き粉を使って歯の白さを維持しています。